院長コラム|よしこクリニック 神戸 元町 県庁前│石原 禎子

院長コラム

風疹について

関西ではそれほどでもありませんが、関東、特に首都圏中心に風疹の流行が騒がれています。妊婦の周りにいる人(妊婦の夫、子ども、その他の同居家族等)は、生まれてくる子供が先天性風疹症候群に発症しないため、風疹を発症しないように予防が大切です。
ただ、ワクチンを接種したかどうか、ワクチン接種しても十分風疹に対する抗体があるかどうかわからない方もたくさんいらっしゃると思います。平成2年4月2日以降に生まれた人は2回、ワクチンを受ける機会がありましたが、それより年齢が上の人は受けていても1回、そして、昭和54年4月1日以前に生まれた男性は1回もその機会がなく、十分な免疫を持たない可能性があります。 十分な風疹に対する抗体がないと思われる方や妊娠予定あるいは周囲に妊婦さんがおられる方、海外旅行の予定がある方はワクチンの接種をご検討ください。

そこで気になる風疹についての情報を、国立感染症研究所や厚生労働省のホームページから抜粋してご説明します(詳細は厚生労働省や国立感染症研究所のホームページをご参照ください)。

1.風疹と先天性風疹症候群

Q1-1 風疹とはどんな病気ですか?

風疹ウイルスによっておこる急性の発疹性感染症で、流行は春先から初夏にかけて多くみられます。潜伏期間は2-3週間で、主な症状として発疹(比較的均等に広がる、かゆみを伴う細かい紅斑)、発熱、リンパ節の腫れが認められます。ウイルスに感染しても明らかな症状がでることがないまま免疫ができてしまう(不顕性感染)人が15-30%程度いるようです。一度かかると、大部分の人は生涯風疹にかかることはありません。従来、集団生活にはいる1-9歳ころに多く発生をみていましたが、近年は多くが成人男性となっています。風疹ウイルスは患者さんの唾液のしぶきなどによってほかの人にうつります。発疹のでる1週間まえから発疹がでたあと1週間くらいまでの患者さんは感染力があると考えられています。ただ感染力は、麻疹(はしか)や水痘(水ぼうそう)ほど強くありません。
風疹の症状は子供では比較的軽いですが、まれに脳炎、血小板減少性紫斑病などの合併症の発生を、2000-5000人に一人くらいの割合で認めることがあります。また、大人がかかると、発熱や発疹の期間が子供に比べて長く、関節痛がひどいことが多いとされています。一週間以上仕事を休まなければならない場合もあります。

参考:風疹とは

Q1-2 先天性風疹症候群とはどんな病気ですか?

妊婦、妊娠20週頃まで(とくに、妊娠初期)の女性が風疹にかかると、胎児が風疹ウイルスに感染し、難聴、心疾患、白内障、そして精神や身体の発達の遅れ等の障がいをもった赤ちゃんがうまれる可能性があります。これらの障がいを先天性風疹症候群といいます。先天性風疹症候群をもった赤ちゃんがこれらすべての障がいをもつとは限らず、これらの障がいのうちの一つか二つのみを持つ場合もあり、気づかれるまでに時間がかかることもあります。
先天性風疹症候群がおこる可能性は、風疹にかかった妊娠時期により違いがあります。特に妊娠初めの12週までにその可能性が高いことが認められております。妊娠前に2回(子どもの頃も含めて)の予防接種をうけることによって、成人女性なら妊娠中に風疹にかかることを予防し、または妊婦以外の方が妊婦などに風疹をうつすことを予防できます。(ただし妊娠中は風疹の予防接種をうけることはできません)

2.予防接種について

Q2-1 風疹ワクチンとはどんなものですか。

弱毒株ウイルスを培養・増殖させ、凍結乾燥したものです。これを接種した場合、通常の風疹感染と違ってほとんど症状は出ずに、風疹ウイルスに対する免疫を得ることができます。

Q2-2 成人女性が風疹含有ワクチンを受ける場合に注意することは何でしょうか。

妊娠出産年齢の女性に風疹含有ワクチン(風疹ワクチンと麻疹風疹混合ワクチン)を接種する場合には、妊娠していない時期(生理中またはその直後がより確実です)にワクチン接種を行い、その後2ヶ月間の避妊が必要です。 風疹ワクチンは、大変安全なワクチンで、妊娠中に風疹ワクチンを接種されたため胎児に障害がでたという報告はこれまで世界的にもありませんが、その可能性はまったく否定されているというわけではありませんので、上記の注意が必要です。

Q2-3 成人男性に予防接種を行なう必要はありますか?

はい。これまで風疹予防接種を受けたことがない場合は、なるべく早く予防接種をうけることをお勧めします。平成28年度の感染症流行予測調査によると、30代後半から50代の男性の5人に1人、20代から30代前半の男性は10人に1人が風疹の免疫を持っていませんでした。大人が風疹にかかると、発熱や発疹の期間が子供に比べて長く、関節痛がひどいことがよくみられます。一週間以上仕事を休まなければならない場合もあります。また、脳炎、血小板減少性紫斑病、溶血性貧血などの軽視できない合併症をまれにおこすことがあります。
妊娠中の女性が近くにいた場合、風疹をうつし、その赤ちゃんが先天性風疹症候群となって生まれる可能性があります。自分と家族、そして周りの人々を風疹とその合併症から守り、生まれてくる赤ちゃんを先天性風疹症候群から守るためにも、これまで風疹の予防接種を受けたことがない場合は、成人男性でも可能な限り早く接種をうけるようにして下さい。

Q2-4 こどもの時に風疹にかかったといわれていますが風疹にかかったことが血液検査などで確かめられていない場合、これまで風疹の予防接種を受けたという記録がない場合、これらの場合予防接種をうける必要はありますか。

予防接種をうけたことが記録で確認されていない場合、男女ともなるべく早く接種することをお勧めします。血液検査で十分高い抗体価があることが確認された場合にはこの必要はありません。

Q2-5 風疹の予防接種の前には、まず風疹の抗体検査(風疹に対する免疫があるかどうかの検査)をうける必要があるとききましたが、2度も医療機関に行くのは時間的に大変です。

抗体検査を受け、十分高い抗体価があることが確認された場合には、予防接種を受ける必要がなくなります。しかし、抗体価が低い場合(一般にHI抗体価が16以下の場合)は予防接種が必要になります。
時間のない場合は、予防接種の前の抗体検査は必ずしも必要ありません。風疹の感染または過去の風疹の予防接種によってすでに免疫を持っている方が再度接種を受けても、特別な副反応がおこるなどの問題はありません。そのような方の場合、予防接種を行うことで風疹に対する免疫をさらに強化する効果が期待されることもあります。もし麻疹ワクチンを1歳以上で2回受けたことがない場合は、風疹予防と麻疹予防の両方の観点から、麻疹風疹混合ワクチンを選択することをお奨めします。

3.予防接種の安全性

Q3-1 風疹予防接種の副反応にはどのようなものがありますか。

風疹ワクチンは、副反応の少ない非常に安全なワクチンの一つですが、重大な副反応として、まれにショック、アナフィラキシー様症状、全身のじんましん、まれに(100万人接種あたり1-3人程度)急性血小板減少性紫斑病が報告されています。 その他の副反応として、発疹、紅斑、掻痒、発熱、リンパ節の腫れ、または関節痛などをみることがあります。成人女性に接種した場合、子供に比して関節痛を訴える頻度が高いといわれています。

Q3-2 麻疹風疹混合ワクチンと水痘ワクチンを同時に受けて問題ないでしょうか。

問題ありません。海外では、麻疹風疹おたふくかぜ混合ワクチンや、麻疹風疹おたふくかぜ水痘混合ワクチンが開発され、小児の予防接種に用いられていますが、国内では麻疹風疹混合ワクチンと水痘ワクチン、おたふくかぜワクチンは別々になっています。このようにあらかじめ混合されていない2種類以上のワクチンでも、接種する医師の判断と接種をうける者の了承のもとに同時に接種することができます。 世界的には、可能な場合は複数の予防接種を同時に接種することが推奨されています。麻疹風疹混合ワクチンと水痘ワクチンを同時接種することには、1)別々に接種するための待ち時間がなくなり、早く免疫があたえられ、2)何度も接種をうけに行く必要がなくなるという大きな利点があります。

高血圧について

厳しかった夏もそろそろ終わりに近づき、少しずつ涼しくなると心配になるのが高血圧。夏は比較的血圧が落ち着いている方も冬になると高血圧が悪化してしまう方が少なくありません。また2019年から高血圧の治療目標の数値が変わりました。患者様の状態によりますがだいたいの目安は以下のようになります。

・75歳未満のかた、冠動脈疾患・慢性腎臓病・糖尿病といった疾患のあるかたは130/80mmHg以下
・75歳以上のかたや臓器障害のあるかたは140/90mmHg以下

これまでよりも低めに血圧を保つ方が心臓病・脳卒中のリスクが低下したといわれています。逆に言うと、高血圧を放置することで心臓病や脳卒中のリスクが上がることはもちろん、認知症の発症率も上昇するといわれています。
そこで高血圧の方に日常生活注意していただきたいポイントや、高齢者の高血圧との付き合い方についてご説明いたします。

家庭血圧測定の意義

定期的な家庭血圧の測定は健康管理の目安になるだけでなく、医師にとっても重要な診断材料になりますので積極的な測定をお願いします。朝と晩に同じ条件で測るなど、いくつかのポイントがあります。(出典:日本高血圧学会「家庭血圧測定の指針 第2版」)

① 朝は起きてから1時間以内、夜は寝る前に測りましょう
② 1-2分の安静後に、座った姿勢で、腕を机などの上にのせて心臓の高さで測りましょう
③ 朝に測定する場合、排尿後、食前・服薬前に測りましょう
④ 朝と晩にそれぞれ原則2回測定してその平均を取りましょう

高血圧と運動

血圧によい運動:体に負担を感じさせない軽い有酸素運動(水泳やウォーキング、軽いジョギングなど)
血圧に悪い運動:無酸素運動(短距離走やウェイトトレーニングなど息を止めて一気に力を入れる運動など)は一時的に血圧を上げるため、高血圧の方に良くありません

運動のポイント

種類:ウォーキングや水泳、サイクリングなど。運動の強さは軽く汗ばむ程度、または軽く息がはずむ程度
時間:10分以上の運動で、合計して30分を超えるとよい
頻度:できれば毎日、無理なら週に4-5日

腹式呼吸で血圧を下げる

血圧を調節しているのは自律神経です。自律神経は興奮しているときに働く交感神経をリラックスしているときに働く副交感神経に分けられます。腹式呼吸を行うことで副交感神経が優位になり血管が拡張し、血液がスムーズに流れ血圧が下がります。

腹式呼吸の方法(出典:日本医師会ホームページ)

① 背筋をしっかり伸ばし、鼻から息をゆっくり吸い込みます
② おなかをへこませて、口からゆっくりと少しずつ空気を吐き出します(数時間より長くすることが重要)
③ 1日5回から始め、慣れたら10-20回を目標に実践しましょう

高血圧の合併症

高血圧および糖尿病は、どちらも自覚症状のないまま進行し様々な合併症を引き起こします。高血圧や糖尿病は脳卒中や心筋梗塞など直接命にかかわる重大疾病も、高血圧と糖尿病が互いに影響した合併症として発症するケースが多く、これらの発症リスクがさらに高まります。
高血圧や糖尿病の治療を早期から始めることで、心臓病や脳卒中、糖尿病性腎症などの重大疾病の発症リスクを減らすことができます。まずは定期的に検査を受けて、早期発見・早期治療に努めましょう。また統計では糖尿病の患者様の4-6割が高血圧であるという結果があります。このため糖尿病の人は血圧もチェックしましょう。

高血圧と高齢者

高齢者の高血圧の特徴

① 血圧が高いわりに脳の血流量が少ない
② 収縮期血圧(最高血圧)が高くなりやすい
③ 血圧変動のリズムが乱れやすい
④ 糖尿病や脂質異常を併発しているケースが多い

高齢者は年齢を重ねるごとに血管が硬くなるため、高血圧と診断される割合が高くなります。60歳以上で6割、70歳以上で7割以上の方が高血圧と診断されています。
冬の入浴時やトイレ、脱水、急な行動やストレスに気を付けてください。

高齢者と腎臓病

腎臓病は腎臓の働きが悪くなる病気で、様々な種類があります。一般には年齢を重ねるごとに腎臓の機能は低下し、腎臓病の患者さんも増えます。
腎臓の機能は一度失われると回復しないため、早めの治療開始が重要です。

腎機能低下と高血圧の悪循環

腎臓の機能が低下すると、余分な水分・塩分が排泄できなくなり血圧が上がります。血圧が上がると腎臓の負担が増え。ますます腎臓の機能が低下するという悪循環になってしまいます。

高齢者の高血圧治療

血圧コントロールは、心臓病や脳卒中の予防だけでなく、腎臓の働きを守るためにとても重要です。食塩の摂取制限、適度な運動など生活習慣の改善が治療の第一歩ですが、それでも血圧をコントロールできない場合はお薬による治療を並行して行います。お薬は毎日飲むことが重要です。

ほかの治療薬との飲み合わせ

他の病気の治療薬と降圧薬の組み合わせによっても降圧効果に影響を及ぼす場合があります。お薬手帳を使用して、担当医に使用中の薬剤を正確に伝え、不適切な飲み合わせがないか確認しましょう。

高齢者高血圧と食事

高齢者は一般に塩分の影響を受けやすいとされており、高血圧の場合に減塩は有効です。尚塩分制限は6g/日を目標としますが、あまり減塩しすぎると汗をたくさんかいた場合などは脱水の原因となることがあります。また味付けの極端な変化で食事量が減り、低栄養となる場合もありますので注意しましょう。減塩は少しでもおいしく食べていただく工夫をしながらすすめましょう。

高血圧と減塩生活

① 高血圧で知っておきたいこと

なぜ治療が必要か
血圧が高いと血管に負担がかかり、脳梗塞や心筋梗塞などの合併症を発症しやすくなります。自覚症状が出た時には、すでに生死にかかわる病気が進行していたということもよくあります。

高血圧を改善する生活とは
高血圧は遺伝的な要因に加えて、塩分の多い食事や肥満、運動不足、ストレス、お酒の飲みすぎ、喫煙などの要因が加わることで発症します。高血圧を改善するには、生活習慣を見直すことが大切です。

② 高血圧と減塩のポイント

高血圧の敵は塩分!
塩分の取りすぎが血圧上昇と関連があることは多くの研究で分かっています。また食塩過剰摂取は心血管病(脳卒中・心臓病など)リスクが増加することも報告されています。逆に減塩にて血圧が下がることや脳卒中のリスクが軽減されることも分かっています。

減塩食をおいしく食べる工夫
味付けが薄いと食事が進まず食欲低下の原因になってしまいます。少しでもおいしく食べていただくために主菜一品のみを通常に近い味付けにし、ほかは食塩を控えるなどの工夫をします。また味付けには下記の工夫が有効です。

酸味(お酢や果汁)・油脂の風味を利用、しょうゆは「かける」のではなく「つける」 だしのおいしさを生かす、香辛料や香りの強い野菜を利用、汁物は具材を多くする

高血圧とメタボの関係
メタボリックシンドロームは、血圧・血糖・脂質の値が治療を要するほど高くなくても、複数合併して動脈硬化が進行しやすい状態です。生活習慣の改善を心がけて、動脈硬化の進行にブレーキをかけ、生死にかかわる疾患を未然に防ぐことが、メタボリックシンドロームに注意すべきという基本的な考え方なのです

血圧を上げない生活習慣7か条
・塩分の摂取量に注意しましょう
・肥満気味の人は体重を減らしましょう
・積極的に有酸素運動をしましょう
・お酒は適量を心がけましょう
・タバコは厳禁、早く禁煙しましょう
・ストレスをうまく解消しましょう
・定期的に自宅で血圧測定しましょう

睡眠時無呼吸症候群について

こんな症状ありませんか?

日中いつも眠い、起床時の頭痛やだるさ、睡眠時の呼吸中断、夜中に何度も目が覚める、居眠り運転をよく起こしそうになる、大きないびき、肥満など・・・。

睡眠時に何度も呼吸が止まり、ぐっすり眠ることができないので、日中の眠気や倦怠感から集中力が低下し、仕事に支障をきたしたり、事故やトラブルを起こす要因にもなります。
わが国でも潜在患者まで含めると数百万人の人が睡眠時無呼吸症候群といわれています。


睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome:SAS)とは

SASとは睡眠中に10秒以上の無呼吸が5回以上繰り返される病気です。睡眠時無呼吸は上気道(空気の通り道)が閉塞することで起こり、多くはいびきを伴います。閉塞の原因は、首周りの脂肪の沈着、扁桃肥大、アデノイド、気道へ舌が落ち込む、舌が大きい(巨舌症)、顎が小さい(小顎症)、鼻が曲がっていることなどがあげられます。 適切な睡眠がとれていないことで日中強い眠気を感じたり、無治療のまま放っておくと生活習慣を招いたり悪化させる恐れがあります。また治療抵抗性高血圧、早朝高血圧、虚血性心疾患、慢性心不全、心房細動、脳血管障害、糖尿病、慢性腎臓病などの合併症の発生が高まり、生命の危険を招くこともある大変危険な疾患です。 健康な生活を維持するためには、早期発見、早期治療が大切で、適切な治療にて快適な睡眠を取り戻すことが可能です。

SASの診断について

SASの診断と治療方針の決定には、終夜睡眠ポリグラフィ(PSG)検査が必要です。この検査はSASを簡易的に判断するための検査です。 手と顔にセンサーを付けて、眠っている間の呼吸と血液中の酸素濃度の状況を調べます。少し煩わしいかもしれませんが痛みを伴う検査ではなく、自宅でも検査が可能です。 当院では検査を申し込まれてから約1週間で機器が到着し、手順に従い検査し機器を返却いただいたのち約1週間後に結果説明となります。

CPAP(シーパップ)療法とは

専用のマスクを装着して、設定した圧力の空気を送り込み、閉塞している気道を開放する治療法です。睡眠時無呼吸症候群の治療法として一般的で、有効性が高く、安全かつ確実な方法となっています。 治療を受けることで日常生活を問題なく過ごすことができ、またいびきの改善が見込めます。

風邪に抗生物質は効きません!

今、世界中で薬剤耐性菌が増加しています。薬剤耐性とは、特定の種類の抗生物質が効きにくくなるまたは効かなくなることです。薬剤耐性を持つ菌が増えると、感染症の予防や治療が困難になり、打つ手がなくなり最終的に感染症で死に至る可能性があります。
原因は様々ですが、不適切な抗生物質の処方や患者の判断で症状が軽減したため、服用を止めたり量を減らして服用するなどの使い方によって薬剤耐性を生じることがあります。また、風邪症状に対して医師の診療・指示を受けずに自宅にあった抗生剤を内服されるかたが時々いらっしゃいますが、風邪はウイルス感染によるものなので細菌感染を治療する抗生物質は効かないだけでなく、風邪に対して不必要な抗生物質の内服を繰り返すことで薬剤耐性菌を作ってしまうことがあります。
ご自身と周りの方の感染症を治すために、医療機関を受診する際は症状を詳しく伝え、医師の指示通りに抗生物質の量と期間を守って服用いただくことをお願いいたします。


PAGE TOP