院長コラム|よしこクリニック 神戸 元町 県庁前│石原 禎子

院長コラム

風疹について

関西ではそれほどでもありませんが、関東、特に首都圏中心に風疹の流行が騒がれています。妊婦の周りにいる人(妊婦の夫、子ども、その他の同居家族等)は、生まれてくる子供が先天性風疹症候群に発症しないため、風疹を発症しないように予防が大切です。
ただ、ワクチンを接種したかどうか、ワクチン接種しても十分風疹に対する抗体があるかどうかわからない方もたくさんいらっしゃると思います。平成2年4月2日以降に生まれた人は2回、ワクチンを受ける機会がありましたが、それより年齢が上の人は受けていても1回、そして、昭和54年4月1日以前に生まれた男性は1回もその機会がなく、十分な免疫を持たない可能性があります。 十分な風疹に対する抗体がないと思われる方や妊娠予定あるいは周囲に妊婦さんがおられる方、海外旅行の予定がある方はワクチンの接種をご検討ください。

そこで気になる風疹についての情報を、国立感染症研究所や厚生労働省のホームページから抜粋してご説明します(詳細は厚生労働省や国立感染症研究所のホームページをご参照ください)。

1.風疹と先天性風疹症候群

Q1-1 風疹とはどんな病気ですか?

風疹ウイルスによっておこる急性の発疹性感染症で、流行は春先から初夏にかけて多くみられます。潜伏期間は2-3週間で、主な症状として発疹(比較的均等に広がる、かゆみを伴う細かい紅斑)、発熱、リンパ節の腫れが認められます。ウイルスに感染しても明らかな症状がでることがないまま免疫ができてしまう(不顕性感染)人が15-30%程度いるようです。一度かかると、大部分の人は生涯風疹にかかることはありません。従来、集団生活にはいる1-9歳ころに多く発生をみていましたが、近年は多くが成人男性となっています。風疹ウイルスは患者さんの唾液のしぶきなどによってほかの人にうつります。発疹のでる1週間まえから発疹がでたあと1週間くらいまでの患者さんは感染力があると考えられています。ただ感染力は、麻疹(はしか)や水痘(水ぼうそう)ほど強くありません。
風疹の症状は子供では比較的軽いですが、まれに脳炎、血小板減少性紫斑病などの合併症の発生を、2000-5000人に一人くらいの割合で認めることがあります。また、大人がかかると、発熱や発疹の期間が子供に比べて長く、関節痛がひどいことが多いとされています。一週間以上仕事を休まなければならない場合もあります。

参考:風疹とは

Q1-2 先天性風疹症候群とはどんな病気ですか?

妊婦、妊娠20週頃まで(とくに、妊娠初期)の女性が風疹にかかると、胎児が風疹ウイルスに感染し、難聴、心疾患、白内障、そして精神や身体の発達の遅れ等の障がいをもった赤ちゃんがうまれる可能性があります。これらの障がいを先天性風疹症候群といいます。先天性風疹症候群をもった赤ちゃんがこれらすべての障がいをもつとは限らず、これらの障がいのうちの一つか二つのみを持つ場合もあり、気づかれるまでに時間がかかることもあります。
先天性風疹症候群がおこる可能性は、風疹にかかった妊娠時期により違いがあります。特に妊娠初めの12週までにその可能性が高いことが認められております。妊娠前に2回(子どもの頃も含めて)の予防接種をうけることによって、成人女性なら妊娠中に風疹にかかることを予防し、または妊婦以外の方が妊婦などに風疹をうつすことを予防できます。(ただし妊娠中は風疹の予防接種をうけることはできません)

2.予防接種について

Q2-1 風疹ワクチンとはどんなものですか。

弱毒株ウイルスを培養・増殖させ、凍結乾燥したものです。これを接種した場合、通常の風疹感染と違ってほとんど症状は出ずに、風疹ウイルスに対する免疫を得ることができます。

Q2-2 成人女性が風疹含有ワクチンを受ける場合に注意することは何でしょうか。

妊娠出産年齢の女性に風疹含有ワクチン(風疹ワクチンと麻疹風疹混合ワクチン)を接種する場合には、妊娠していない時期(生理中またはその直後がより確実です)にワクチン接種を行い、その後2ヶ月間の避妊が必要です。 風疹ワクチンは、大変安全なワクチンで、妊娠中に風疹ワクチンを接種されたため胎児に障害がでたという報告はこれまで世界的にもありませんが、その可能性はまったく否定されているというわけではありませんので、上記の注意が必要です。

Q2-3 成人男性に予防接種を行なう必要はありますか?

はい。これまで風疹予防接種を受けたことがない場合は、なるべく早く予防接種をうけることをお勧めします。平成28年度の感染症流行予測調査によると、30代後半から50代の男性の5人に1人、20代から30代前半の男性は10人に1人が風疹の免疫を持っていませんでした。大人が風疹にかかると、発熱や発疹の期間が子供に比べて長く、関節痛がひどいことがよくみられます。一週間以上仕事を休まなければならない場合もあります。また、脳炎、血小板減少性紫斑病、溶血性貧血などの軽視できない合併症をまれにおこすことがあります。
妊娠中の女性が近くにいた場合、風疹をうつし、その赤ちゃんが先天性風疹症候群となって生まれる可能性があります。自分と家族、そして周りの人々を風疹とその合併症から守り、生まれてくる赤ちゃんを先天性風疹症候群から守るためにも、これまで風疹の予防接種を受けたことがない場合は、成人男性でも可能な限り早く接種をうけるようにして下さい。

Q2-4 こどもの時に風疹にかかったといわれていますが風疹にかかったことが血液検査などで確かめられていない場合、これまで風疹の予防接種を受けたという記録がない場合、これらの場合予防接種をうける必要はありますか。

予防接種をうけたことが記録で確認されていない場合、男女ともなるべく早く接種することをお勧めします。血液検査で十分高い抗体価があることが確認された場合にはこの必要はありません。

Q2-5 風疹の予防接種の前には、まず風疹の抗体検査(風疹に対する免疫があるかどうかの検査)をうける必要があるとききましたが、2度も医療機関に行くのは時間的に大変です。

抗体検査を受け、十分高い抗体価があることが確認された場合には、予防接種を受ける必要がなくなります。しかし、抗体価が低い場合(一般にHI抗体価が16以下の場合)は予防接種が必要になります。
時間のない場合は、予防接種の前の抗体検査は必ずしも必要ありません。風疹の感染または過去の風疹の予防接種によってすでに免疫を持っている方が再度接種を受けても、特別な副反応がおこるなどの問題はありません。そのような方の場合、予防接種を行うことで風疹に対する免疫をさらに強化する効果が期待されることもあります。もし麻疹ワクチンを1歳以上で2回受けたことがない場合は、風疹予防と麻疹予防の両方の観点から、麻疹風疹混合ワクチンを選択することをお奨めします。

3.予防接種の安全性

Q3-1 風疹予防接種の副反応にはどのようなものがありますか。

風疹ワクチンは、副反応の少ない非常に安全なワクチンの一つですが、重大な副反応として、まれにショック、アナフィラキシー様症状、全身のじんましん、まれに(100万人接種あたり1-3人程度)急性血小板減少性紫斑病が報告されています。 その他の副反応として、発疹、紅斑、掻痒、発熱、リンパ節の腫れ、または関節痛などをみることがあります。成人女性に接種した場合、子供に比して関節痛を訴える頻度が高いといわれています。

Q3-2 麻疹風疹混合ワクチンと水痘ワクチンを同時に受けて問題ないでしょうか。

問題ありません。海外では、麻疹風疹おたふくかぜ混合ワクチンや、麻疹風疹おたふくかぜ水痘混合ワクチンが開発され、小児の予防接種に用いられていますが、国内では麻疹風疹混合ワクチンと水痘ワクチン、おたふくかぜワクチンは別々になっています。このようにあらかじめ混合されていない2種類以上のワクチンでも、接種する医師の判断と接種をうける者の了承のもとに同時に接種することができます。 世界的には、可能な場合は複数の予防接種を同時に接種することが推奨されています。麻疹風疹混合ワクチンと水痘ワクチンを同時接種することには、1)別々に接種するための待ち時間がなくなり、早く免疫があたえられ、2)何度も接種をうけに行く必要がなくなるという大きな利点があります。

尿酸値について

尿酸が高いといわれたら①激痛!痛風を予防する

  • 激痛のピークは24時間後
    足の指の付け根が死ぬほど痛い・・・といったことはありませんか。もしあなたが健診などで尿酸値が高いといわれていて、関節の1か所が腫れて激しく痛むなら、それは痛風発作かもしれません。
  • 痛風発作を予防するには
    痛風発作を起こしたことのある人が再発を予防するには、尿酸値を6.0mg/dL以下に抑える必要があります。尿酸の血中濃度を下げないと関節内にたまった尿酸塩結晶が溶けないからです。尿酸値が7.0→8.0→9.0mg/dLと上がるにつれて痛風発症リスクが高まるのは確かですし、他の合併症にもかかりやすくなります。健康診断で尿酸値が高いといわれたら、すぐに医師に相談しましょう
  • 生活習慣の改善が最も大切な痛風予防法です
    食べすぎに注意:摂取エネルギーを抑えて肥満を解消するだけで尿酸値は下がります。肉・魚の内臓や干物にはプリン体が多いので控えましょう。
    お酒は適量を:アルコール自体に尿酸値を挙げる作用があります。1日の適切な飲酒量として日本酒なら1合、ビールなら500ml、ウイスキーなら60mlまでにしましょう。
    水を多く飲む:清涼飲料水は逆に尿酸値を上げてしまうので控え、水やお茶を飲みましょう。
    ストレス解消を:ストレスは尿酸値を上昇させる危険因子です。
    適度な運動を:無酸素運動は尿酸値上昇の原因となるため、話しながらできるような有酸素運動(ウォーキングなど)がおすすめです。

尿酸が高いといわれたら②高尿酸血症の怖い合併症

  • 高尿酸血症は全身に病をもたらす
    尿酸値が7.0mg/dLを超えた状態が高尿酸血症です。高尿酸血症が長期化すると尿酸が結晶化し全身で悪さをします。関節にたまる痛風をはじめ、腎臓に沈着すると腎臓の機能を低下させます。老廃物を尿として排泄できない腎不全にまで悪化すれば透析を受けなくてはなりません。
  • 尿酸は尿路に石を作る原因でもある
    尿は腎臓で作られ、尿管・膀胱・尿道を経て排泄されます。水分をあまりとらないで尿量が減ったり、尿酸の元であるプリン体を含む食品を多くとると尿酸が結晶化して、尿路に結石ができやすくなります。石は酸性液中で固まる性質があり、尿が酸性に傾きやすい高尿酸血症患者は特に注意が必要です。
  • 高尿酸血症のひとは様々な生活習慣病を合併しやすい
    高尿酸血症の患者さんの中には糖尿病、脂質異常症、高血圧、肥満などの生活習慣病や慢性腎臓病、メタボリックシンドロームを合併している方が多くいます。末期腎不全の発症率と高尿酸血症との関係について、男性を例にとると1000人当たりの末期腎不全発症数は尿酸値が7.0mg/dL未満では1.2人に対し、7.0mg/dL以上の人は4.6人にまで上がるといわれています。
  • 自覚症状がなくても油断禁物
    生活習慣病をほっておくと尿酸値が上昇する可能性があります。尿酸値が1mg/dL高くなるということは血圧10mmHg上昇、総コレステロール20mg/dL上昇に相当し、動脈硬化を進行させ、心臓病、脳血管疾患発症のリスクが高くなるといわれており、命に係わる合併症につながりますので、早めに見つけて進行を抑えることが大切です。
    生活習慣病の原因は過食・運動不足による肥満、アルコール飲みすぎなど高尿酸血症の原因と重なりますので、尿酸値をみれば生活習慣病が進行しているかの目安といってもおかしくはないので痛風や尿路結石がなくても生活習慣の見直しが大切です。

ビタミン点滴

当院では自費診療によるビタミン点滴を受け付けております。疲れたお肌にビタミンを!疲労の改善や、風邪の予防にもいかがでしょうか?

【配合成分】
基本的なビタミンB群(B1、B12)、ビタミンCなどを配合しています。点滴で体に摂りいれることで、有効成分がダイレクトに吸収されます。

点滴時間:30分

ビタミンB1(1ml)+ビタミンC(2ml)
¥2,000(税込)
ビタミンB1(3ml)+ビタミンC(2ml)
¥2,500(税込)
ビタミンB1(3ml)+ビタミンC(2ml)+ビタミンB12(1ml)
¥3,000(税込)

※自費診療となります

TELにてご予約もできますのでぜひどうぞ。
(最終受付は午前は12:00まで、午後は17:30までです)
※初回のみ診察や説明などがある為、午前は12:15まで、午後は17:45までの受付となりますのでお気をつけください。

PAGE TOP